ご購入を検討中の方
蔵衛門御用達とは?
蔵衛門Padとは?
蔵衛門工事黒板とは?
機能紹介
プロとスタンダードの違い
バージョン2020の新機能NEW!
購入前のよくある質問NEW!
製品選びに迷ったらNEW!
現在ご利用中の方

バージョンアップ購入

バージョン別機能比較
アップデート
よくある質問
サポート
工事写真情報
オンライン商談受付中オンライン商談受付中社内にいながら、蔵衛門製品の説明やデモを受けられます!
Windows 7のサポート完全終了Windows 7
サポート完全終了
そのままだと工事写真が危ない!対策を解説。
御用達2020マニュアル御用達2020マニュアル業界NO.1の工事写真管理ソフト「蔵衛門御用達」の使い方を紹介
蔵衛門ピックアップ蔵衛門ピックアップ工事写真整理のフリーソフトをご紹介します。
  1. 工事写真.com
  2. 製品情報
  3. 新機能紹介

バージョン2020の新機能

「蔵衛門御用達2020」シリーズは、最新の「蔵衛門Pad」シリーズと「蔵衛門工事黒板」に対応。ひとつの工事を複数の本棚で管理できるようになり、台帳全体を俯瞰しながら作業できる新しいツリービューを搭載するなど、工事写真台帳の作成と管理の効率が飛躍的に向上しています。

クラウドにバックアップして本棚を引き継げる!

クラウドにバックアップして本棚を引き継げるようにしました

『蔵衛門御用達2020』シリーズで管理している台帳と本棚のデータを工事単位でバックアップできる『安心クラウドバックアップ』機能を追加しました。アルバムの色やレイアウト、フォント、BOXの数など、こだわって作った設定はそのままに、本棚をバックアップできます。今後バックアップの共有機能をリリース予定です。詳しくはこちらをご確認ください。 安心クラウドバックアップイメージ

電子納品の最新基準案をはじめ、豊富な工種マスタに対応

最新の電子納品要領(H31.3)に対応しました

「蔵衛門御用達2020」が、国土交通省の最新の電子納品要領(H31.3)に対応しました。それに伴い、工事工種体系ツリーも平成31年度(4月版)に更新。これにより、発注者から新要領での提出指示があった場合にも、スムーズに電子納品データを作成することが可能です。

国土交通省工事完成図書の電子納品要領

■追加要領案

  • 工事完成図書の電子納品等要領 H31.3
  • 土木設計業務等の電子納品要領 H31.3
  • 工事完成図書の電子納品等要領 電気通信設備編 H31.3
  • 土木設計業務等の電子納品要領 電気通信設備編 H31.3
  • 工事完成図書の電子納品等要領 機械設備工事編 H31.3
  • 土木設計業務等の電子納品要領 機械設備工事編 H31.3
  • 営繕工事写真撮影要領 H31

バージョン別機能比較一覧表

12,096種類の工種マスタを搭載、電子小黒板連携で台帳を自動作成

『蔵衛門御用達2020 Standard』には一般建築と一般土木の工種マスタ、『蔵衛門御用達2020 Professional』には電子納品に対応した土木や営繕、さらにNEXCOなどの各基準にあった工種マスタを搭載。これら12,096種類の工種マスタから『蔵衛門Pad』シリーズとiOSアプリ『蔵衛門工事黒板』の電子小黒板を一括で作成・登録できます。電子小黒板の作成効率アップに加え、これとの連携により、詳細に分類された工事写真台帳を自動作成できます。
電子小黒板 『蔵衛門Pad』で撮影した写真から台帳を自動作成

電子小黒板 蔵衛門Pad 製品説明ページ

最大4階層に仕分けられた詳細な工事写真台帳を自動作成

ひとつの工事で台帳を工区や工種ごとに管理できる、複数本棚機能

『蔵衛門御用達2020』は、工事写真専用タブレット『蔵衛門Pad』シリーズ、iOSアプリ「蔵衛門工事黒板」と強力に連携。これらの電子小黒板製品で撮影した写真と入力された工事情報は、自動的に工種別に仕分け・転記され、台帳化されて保存されます。これまでのように写真を手動でフォルダ別に仕分けたり、黒板の文字を手入力する手間はもうありません。この連携機能により、従来のデジカメで撮影に比べ、台帳作成時間が1/4まで削減されました。

また、『蔵衛門御用達』の大きな特長である「本棚」を大きく強化。ひとつの工事につき複数の本棚を持つことができるようになりました。そして、各本棚の台帳は『ボックス』にまとめたり、『本棚仕切り』で区切って管理可能。これらの機能を併用すれば、工事写真を工区や工種ごとなど、より詳細(最大4階層)に仕分けることができます(従来は2階層)。 電子納品の最新基準案に対応

ページまたぎの写真移動も楽々!

台帳の写真を俯瞰できる、新しいツリービュー

台帳の写真を俯瞰できる、新しいツリービュー

『蔵衛門御用達2020』シリーズに搭載された新しいツリービューは、ページごとに写真を区切って一覧表示が可能。電子小黒板で自動作成された台帳に対して、細かい写真整理が素早く、快適に行えます。台帳全体を俯瞰しながら、ページをまたいで写真を並び替える際にも便利です。また、写真のサムネイルの下に工事情報が表示されるので、色や構図が似ている写真が並んだ場合でも、表示を切り替えることなく見分けることができます。

電子小黒板 蔵衛門Pad 製品説明ページ

オリジナルデザインの工事写真台帳で、他社の台帳に差を付ける

写真・文字の配置を指定できる「台帳オーダーメイドサービス」

電子小黒板 『蔵衛門Pad』で撮影した写真から台帳を自動作成

『蔵衛門御用達』の工事写真台帳は、18パターンのレイアウトテンプレートを備えています。一方、『蔵衛門御用達2020 Professional』には、これに加え「台帳オーダーメイドサービス」が付属します。写真の位置やサイズ、キャプション欄の表組み化などをカスタマイズ。現場や発注者に高く評価されるオリジナル台帳テンプレートをルクレが作成し、お届けします。

※『蔵衛門御用達2020 Professional』のみのサービスです。

電子小黒板 蔵衛門Pad 製品説明ページ

Microsoft Excelで工種マスタを共有

Excelで作成したオリジナル工種体系ツリーの読み込み機能

『蔵衛門御用達 2020』シリーズでは、あらかじめ登録されている工種マスタとは別に、現場オリジナルの工種マスタを読み込むことができます。読み込み可能なファイルは、Microsoft Excel(.xlsx)形式です。広く利用されているExcelを使うことで現場監督同士で工種マスタの共有も可能。写真の仕分けルールを統一できます。
デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知)を強化

電子小黒板 蔵衛門Pad 製品説明ページ

出来形管理図表も簡単作成・管理

蔵衛門出来形管理登場!

工事写真台帳と併せて、出来形管理図表も作成・管理できる機能が『蔵衛門御用達2020 Professional』版でついに登場!工事写真台帳と同様に本棚で管理できる他、設計値や規格値、社内規格値、実測値も好みの色でカスタマイズ可能。発注者へ向けたアピール力の高い出来形管理図表を簡単に作成できます。
※『蔵衛門出来形管理』はProfessional版の限定機能です。Standard版ではご利用いただけません。 蔵衛門出来形管理イメージ

蔵衛門出来形管理について詳しく知る

販売に関するお問い合わせ・技術的なお問い合わせ

導入前のご相談、カタログのご請求、ユーザ登録(登録方法、登録内容変更など)、アップグレード、製品ご購入前の製品情報、価格、製品購入に関するお問い合わせについては「くらえもん☆オンライン」をご利用ください。

電話番号 03-4500-6702
営業時間 9:00〜18:30(土日祝日を除く)
※木曜のみ9:00〜17:00
住所 〒107-0061
東京都港区北青山1-2-3 青山ビル3F
株式会社ルクレ くらえもん☆オンライン
NETIS
JACIC
i-Construction

株式会社ルクレは、建設業界のICT化を支援します。

Pマーク

株式会社ルクレは日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に基づいた基準に適合した
事業者として、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク(Pマーク)を認定取得しています。